腰痛を姿勢から改善する太極拳整体(太極拳で腰痛を改善する専門家・434)

こんにちは!

大田区大森西 平和島駅徒歩4分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

腰痛の改善方法はいろいろありますが、

当院では「猫背矯正」で姿勢を良くする事と、

太極拳のメソッドを応用した「太極拳整体

の2つを行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下で、太極拳整体の腰痛セルフケアについて書きます。

 

太極拳整体による腰痛セルフケア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太極拳では、「立身中正」という基本の姿勢をとりますが、

これは「まっすぐな良い姿勢」を意味しています。

 

(猫背のような)歪みがない姿勢をとることで、

首・肩や腰といった体の各所に余計な負担がかからない為、

肩こりや腰痛が改善される効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、多くの人はその理屈は理解されていますが

「まっすぐな良い姿勢をしてください」

と言われてもすぐにはできません。

 

仮に姿勢を良くできたとしても、

無理やり胸をはったりして、

一生懸命がんばっている

状態になっています。

 

がんばった姿勢は長続きしませんし、

すぐに疲れてコリや痛みの原因になってしまいますよね?

 

それを解消するためには、

太極拳の「ファンソン」という基本が

必要になってきます。

この基本には「余分な力を抜いて体をのびやかにする

という意味があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時ゆっくりした呼吸を合わせることで

脳の疲労も回復させることも、腰痛に効果があります。

(詳しくは後述します)

 

なので、太極拳整体では「立身中正」と「ファンソン」との

両方を同時にやることで体の各所に余分な負担がかからず、

腰痛も改善されていくわけなのです。

 

「立身中正」と「ファンソン」の方法

「立身中正」の良い姿勢をとる方法

一番簡単に姿勢を良くする方法は、

鏡で自分の姿勢を見る事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしもそれではわからないという場合には、

壁に踵をくっつけて後ろ向きに立ってみましょう。

 

その際に、踵、お尻、背中、後頭部のそれぞれが

壁につけば「まっすぐな姿勢」と言えます。

(この時、顎が上がらないように注意)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、多分この時はまだ体に力が入った

一生懸命がんばっている」状態だと思います。

 

次で「ファンソン」をして、体をゆるめましょう。

 

「ファンソン」で余分な力を抜く方法

先ほど、壁に背中をつけてまっすぐな姿勢にしたら、

その姿勢のまま、そっと壁から離れてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、足を肩幅に開いて立ち、つま先を平行にする
2、膝関節・股関節を緩めて立つ
人の体はどこか一か所でも力が入っていると他もゆるまない
=筋緊張から疲労しコリや痛みの原因になる

なので、まず足から力を抜いて腰や肩も緩めやすくします。

 

3、腰の力を抜くようにして上下に伸ばす

尾骨が真下を向くようにして骨盤もまっすぐ立てる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、うなじも上に伸ばすようにして、

腰から上の上半身は上へ、下半身は下へ、と

上下に全身を伸ばすようにする

体に力はいれずに伸び伸び伸ばす

 

5、良い姿勢で力が抜けたら上あごの裏に舌をつけ、

息を鼻から吸って口からゆっくり吐くようにして、

1分ほど瞑想(マインドフルネス)する

※瞑想中は頭に何か浮かんでもスルーするか、

1~10まで数を数えて思考に囚われないようにする

 

6、1分経ったらいきなり体を動かすのではなく、

体や頭を緩めたまま、ゆっくりと両足を閉じて終わる

 

実は慢性腰痛がなかなか改善しない理由に、

脳の疲労・興奮もあります。

 

仕事上の事などや腰痛そのものが脳にストレスになっていると

常に交感神経が優位になり、痛みに過敏になると同時に

腰の筋肉も固くなったまま血行不良で回復できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この瞑想(マインドフルネス)で脳のストレスが緩まり、

交感神経を鎮めることで上記の腰の筋肉も緩むので、

慢性的な痛みが改善されてくるのです。

 

因みに、姿勢を良くする方法として、

腹筋に力を入れて姿勢をよくする

というものも有名です。

 

これは確かに若くて元気な人にとっては

とても良いエクササイズだと思います。

ですが、高齢者や体力の弱った人のリハビリの場合には、
「腹筋に力を入れる」よりも、

逆に「腰の力を抜いて伸ばす」方が適していると思います。

 

どちらかが良いか悪いかではなく、

その人にあった方法をおススメする、という事です。

 

動画はこちらをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

慢性腰痛の改善方法はいくつかありますが、

猫背のような不良姿勢を治し、

脳や体の力を抜くことも効果的です

 

当院では、それを猫背矯正と太極拳の基本メソッドを応用した、

「太極拳整体」でおこなっています。

 

まずは今回ご紹介のセルフケアをお試しください。

意外と頭や体がスッキリした感覚が味わえるものです。

 

もしもやってみてうまくいかない場合は、

お気軽に当院までご相談ください。

無料相談も受け付けております。

 

また、8月中はリニューアルオープン2周年記念として、

【初めての方限定 特殊腰痛治療割引キャンペーン】

も実施中で、通常5,000円(初診料込)の腰痛治療を、

1,000円で受けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせは「お電話」

または

立身堂整骨院の「web予約」よりご連絡くださいませ。

℡:03-6459-6720
(施術中は電話にでられない事もございます。
恐れ入りますが、留守番電話にお名前と連絡先、

ご用件を録音していただけますと、

折り返しご連絡させていただきます。)

 

 

 

 

 

【受付時間・休診日について】

・受付時間
(月)(水)(金)9:00~12:00 15:00~20:00
(木)予約のみ 9:00~12:00
(土)9:00~12:00 13:00~17:00

・休診日
(日)(祝)(火)

※8月17日は、「予防介護講座」の講師のため、臨時休診となります。

ご迷惑をおかけしまして、申し訳ございません。

 

 

さらに、初心者・高齢者向け

【立身堂・健康太極拳教室】

も「100歳まで自分の足腰でスタスタ!」を合言葉に、

毎週金曜日13時から「こらば大森」内「いろいろルーム
でやっております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初回無料体験・見学・大歓迎ですので、

ご興味のある方は、こちらもお気軽にお問合せください。