ギックリ腰には保険診療だけでは不十分!必要に応じて自費施術も!(姿勢から腰痛を改善する専門家・429)

こんにちは!

大田区大森西 平和島駅徒歩4分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

先日、当院に立て続けにギックリ腰の患者様がお見えになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同業者の先生のブログを見ていても、

同じ症状を受傷した人が一日に続けて来ることは珍しくないようです。

 

おそらく、陽気の変わり目だったり、繁忙期だったり、

なにか共通の原因があるのでしょうね・・・。

 

ギックリ腰は急性腰部捻挫なので

保険適用で施術を受けられます。

 

ですが、患者様とお話していて

「あれ?」と思ったことを以下に書きます。

 

整骨院の保険と病院の保険の違い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整骨院(接骨院も同じ)の保険については、

以前よりは知られてきてますが、

まだまだ一般には知られてませんよね。

 

患者様からしたら、整骨院でも病院と同じように

保険証を出すと窓口料金が安くなる

程度の認識が殆どだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、実際には別物で、

病院ではたいがいの診療に保険が適用されるのに対し、

整骨院では、急性外傷やそれに関係したものに限られます。

 

急性外傷とは、骨折、脱臼、打撲及び捻挫

(いわゆる肉ばなれを含む。)などの事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、ギックリ腰は「腰部捻挫」、寝違えは「頸部捻挫」なので保険適用ですが、

四十肩・五十肩や神経痛、腰痛症は保険が適用されません。

もし、整骨院で施術を受ける場合はすでに自費になります。

 

 

余談ですが、一般には施術家が手で患部に行う施術を

全て「マッサージ」と呼んでますが、

法律の上では、マッサージを行えるのは

「按摩・マッサージ・指圧師」の国家資格を持った人だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、柔道整復師が行うのは、正しくは「手技療法」となります。

 

しかも、「保険でマッサージが受けられる」場合は、

筋肉のマヒや関節が拘縮(固まって動かない)で、

必ず医師の同意が必要になります。

 

参考:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/jyuudou/

【柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて】

 

 

整骨院の保険でできることは限られている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は保険でできる事には限りがあります。

 

当院で使用してる保険請求用のパソコンソフトによると、

直接施術に関係するものは以下になります。

 

  • 整復(骨折や脱臼を戻す)・固定(包帯やギプスなど)・施術料(捻挫などへの施術)
  • 後療(手技療法など)・あん法(冷やす・温める)・電療料(電気をかける)
  • 金属副士等加算(骨折を固定する時に使う金属製の添え木のようなもの)

 

それぞれの内容については大まかに上記のようになります。

本当に怪我の治療に関する事ばかりです。

 

また、一回ごとの保険料(保険者から整骨院に払われるお金)も

数百円程度なので、時間も限られてきます。

 

ですが、受傷直後のひどいぎっくり腰で来院される方を見ていると

立っていることもできない、歩くこともつらい、

そんな状況ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな状態の人に普通に電気をかけて、

少しくらい手技療法を行ったくらいでよくなるでしょうか?

 

そんなに変わりません。

 

受傷直後の数日間は炎症が強いので

何をしても痛みが残るのとは別の話です。

 

ひどい痛みに対しては、保険でできる施術だけでは

一時的にせよ痛みを抑えるには不十分です。

 

なので、保険外の自費診療として、

鍼灸やテーピング、特殊な電気治療器を使う方が効果があり、

その上でコルセットや”さらし”による固定をすることで

ようやく痛みが落ち着いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険を適正に使いつつ施術も適正に受けましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々書いてきましたが、

保険の一番のメリットは患者様が金銭的負担が少ない、

つまり安く施術を受けられる事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は皆保険制度ですので、

それを利用するべきなのですが、

保険でできることは限られています。

 

症状がそれほどひどくなければ良いのですが、

痛みが強い場合には適正な施術で

痛みの緩和と速やかな回復を目指しましょう!

 

因みに何度もギックリ腰を繰り返すような場合、

不良姿勢で普段から腰に過度の負担がかかっている事や、

運動不足で腹筋・背筋が弱っている事が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施術を継続して受けて痛みがおさまってきたら、

再発防止のために姿勢を良くして

運動も徐々にしていきましょうね!

 

 

 

まとめ

病院も整骨院も保険証を持っていけば、

窓口料金が安くなります。

 

ですが、整骨院て適用される保険には、

対象となる症状やできることに限りがあります。

 

本当に体を良くするためには、

「保険のみ」にこだわらず

必要に応じて鍼灸やテーピングなどの

自費診療も活用してください。

 

そして再発防止のための方法や知識も

整骨院の先生にしっかり聞いてくださいね。

 

「立身堂整骨院は慢性腰痛を太極拳整体と

 猫背矯正で根本から改善!!」

4月より、健康太極拳教室もスタート!!

【訪問マッサージもやっています】

東京都大田区大森西2-4-1

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間 月・水・金: 9:00~12:00 15:00~20:00
     木:予約のみ(9:00~12:00)
     土:9:00~12:00  13:00~17:00

     休診日:火曜・ 日曜・祝日

立身堂・健康太極拳教室:毎週金曜日 13:00~14:30

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトからはご予約だけでなく高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのネコ背セルフケアグッズのご注文もできます。