「腰痛は太極拳整体で改善」応用ポーズ①(太極拳整体・279)

こんにちは。

大田区大森西 平和島駅徒歩5分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

太極拳整体では、太極拳のポーズで腰痛改善を目指します。

太極拳のポーズ=形を身に着けることで

腰に負担のかからない良い姿勢を獲得していくわけです。

 

一つのポーズができたら、

その姿勢を30秒キープしてしっかり体にしみこませ、

それができたら次のポーズへと進んでいきます。

 

それにより、まっすぐな重心軸と

体の土台となる強い脚力・下半身が身につくので

腰痛が改善されていきます。

 

 

 

今回は、基本の片足立・膝上げが30秒できた方のための応用ポーズです。

 

片足立ちのまま、上げた膝を伸ばして踵をけりだしていきます。

 

 

 

太極拳整体 応用ポーズ②「かかとを蹴りだすドンジャオ」

1、片足立ちで反対の膝をあげてから・・・

IMG_5065

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、つま先を自分に向けて、かかとを蹴りだし、膝を伸ばします。

(低くてかまいません)

IMG_5169IMG_5168

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、30秒キープしたら、反対の足も同じようにします。

(曲げた膝を伸ばし、つま先上げて、かかとを蹴りだしてください。)

IMG_5171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※グラグラするような時は壁や柱につかまって、

転倒しないよう安全第一でおこなってくださいね!

時間も初めは10秒から始めて、

できるようになったら20、30と伸ばしていくのもありです。

IMG_5172

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこうキツイんですが、「できる」、あるいは「できるようになった」

という方は足の角度をだんだん上げて行ってみてくださいね。

IMG_5170

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体軸をしっかりまっすぐにして、

脚力、腹筋、背筋が強化され

腰痛体操になる

 

 

 

 

このポーズができない時は・・・

以下の原因が考えられます。

1、伸ばした足の前側の筋肉と、腹筋・背筋が弱い

2、伸ばした足の後ろ側の柔軟性が低い

3、バランス感覚が低下している

 

日常生活ではやらないポーズなので、

普通にやっていてもなかなか筋肉がつきにくいです。

 

そこで、ポーズをとった後の疲労した筋肉は

当院のマッサージやストレッチでほぐし、

血流をよくして休息することで筋繊維がだんだん太く強くなっていきます。

 

足の後ろ側を伸ばすのは自分1人ではなかなか大変なので

これも当院でストレッチやマッサージで伸びるようお手伝いをいたします。

 

バランス感覚は続けているうちによくなってきますので、

テレビをみながらやる、など続くよう工夫をしてみてください。

 

 

一緒に腰痛に負けない体を作っていきましょう!

 

 

 

腰痛その他についてご相談は無料ですので、

お気軽にお問合せください。

 

※なお、当院は予約優先制です。

事前にご予約されますと、

スムーズにご案内できます。

 

【ご予約はこちらかどうぞ】

℡ 03-6459-6720

緑バナー

 

 

 

 

 

「立身堂整骨院は猫背矯正と

 太極拳を応用した体操で腰痛改善!!

東京都大田区大森西2-4-1

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間 7月より一部変更になりました。

     月・水・金: 9:00~12:00 15:00~20:00
     木:9:00~12:00
     土:9:00~12:00  13:00~17:00

     休診日:火曜・ 日曜・祝日

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトからはご予約だけでなく高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのネコ背セルフケアグッズのご注文もできます。