「腰痛は太極拳整体で改善」基本ポーズ②(太極拳整体・275)

こんにちは。

大田区大森西 平和島駅徒歩5分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

太極拳整体では、太極拳のポーズで腰痛改善を目指します。

 

太極拳のポーズ=形を身に着けることで

腰に負担のかからない良い姿勢を獲得していくわけです。

 

基本的に、一つのポーズができたら、

その姿勢を30秒キープしてしっかり体にしみこませ、

それができたら次のポーズへと進んでいきます。

 

 

それにより、まっすぐな重心軸と

体の土台となる強い脚力・下半身が身につくので

腰痛が改善されていきます。

 

 

前回のブログでは基本のポーズ、

「片足での立ち方」をご説明いたしました。

 

 

立ち方ができたら、

その上に上半身のポーズをつけていきます。

 

 

太極拳整体の基本ポーズ②上半身をつける

初めは上半身だけでやってみましょう。

 

 

1、上半身をまっすぐにして、

まず両手で大きな気を抱きかかえるようにして

肘を左右対称に、軽く指先を向かい合わせます。

IMG_5056

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、次に右肘の位置はそのまま45度手をあげ、

掌が顔の方を向くようにします。

IMG_5057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、左手も肘を動かさず45度下げ、

掌は下を向け軽く床面を抑えるような角度にします。

IMG_5058

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※肩が挙がらないよう、背中から頭の頂点まで一直線にして、

反対も同じようにやってみてください。

IMG_5059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、片足立ちと組み合わせてみましょう

 

1、左足が前の片足立ちで立ち、

手は先ほどのボールを抱えるポーズをとります。

IMG_5060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、そこから肘を支点に右手が上、左手を下に動かします。

IMG_5061

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポーズができたら30秒キープしてください。

初めは腰は高くてかまいません、重心軸がまっすぐに守れていればokです

 

 

3、30秒やったら左右逆もやってみてくださいね。

IMG_5062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚力と股関節の柔軟性、まっすぐな中心軸が身に付きます。

(肩こりの肩は肩の筋肉がつくので肩こりが楽になります)

 

因みにこのポーズは、太極拳では

白鶴亮翅(パイホウリャンチ)」という名前があります。

 

 

 

このポーズができない時は・・・

すでに下半身はできているものとして、

上半身ができない原因について書かせていただきます。

 

1、肩が上がってしまって肩から指先まで筋肉の力が抜けない。

2、左右の腕・手のバランスがうまくとれない。

 

長年、腕をあげる時に肩から上げているうちにクセがついています。

 

腕をあげても肩が上がらないよう、

当院の施術で筋肉をほぐし、

力を抜きやすくします。

 

腕のバランスについては、

鏡を使って視覚からなおせるよう

ご指導いたします。

(上下・左右に力をはりだすような感じです)

 

 

一緒に良い姿勢を獲得していきましょう!!

 

 

 

腰痛その他についてご相談は無料ですので、

お気軽にお問合せください。

 

※なお、当院は予約優先制です。

事前にご予約されますと、

スムーズにご案内できます。

 

【ご予約はこちらかどうぞ】

℡ 03-6459-6720

緑バナー

 

 

 

 

 

 

「立身堂整骨院は猫背矯正と

 太極拳を応用した体操で腰痛改善!!

東京都大田区大森西2-4-1

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間 7月より一部変更になりました。

     月・水・金: 9:00~12:00 15:00~20:00
     木:9:00~12:00
     土:9:00~12:00  13:00~17:00

     休診日:火曜・ 日曜・祝日

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトからはご予約だけでなく高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのネコ背セルフケアグッズのご注文もできます。