腰痛改善には股関節を緩める体操を!(太極拳整体)

こんにちは!

大田区大森西2-4-1 平和島駅徒歩6分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

 

「腰痛は日本人の国民病」という言葉があるくらい、

腰痛でお悩みの方は多いです。

 

 

腰痛の原因はいろいろ考えられますが、

慢性的な腰痛には姿勢の悪さからくるものが多いです。

 

 

姿勢でも建物でも、土台がしっかりしていれば

まっすぐ立ってられますが土台が傾くとそうはいきませんよね?

 

人の体にとって、土台は骨盤です。

 

骨盤が傾いた状態が長く続くと、

周りの筋肉がガチガチに固まってしまいます。

 

 

そうなると姿勢をまっすぐにしようとしても

なかなかうまくできません。

 

 

姿勢をまっすぐにするためにはガチガチの筋肉を緩め、

骨盤が自由に動けるようにする必要があります。

 

 

今回は骨盤の下側の筋肉、つまり”股関節”の筋肉の硬さを緩めることで

骨盤の上にある”腰”の痛みをとっていくという体操です。

 

実は私自身も長年腰痛に苦しんでいました。

 

しかし、ある時太極拳の稽古をしている時に

太極拳のポーズが腰痛を和らげることを体験しました。

 

その体験より、当院では猫背矯正のセルフケア体操に

「太極拳整体」も随時取り入れて行っています。

 

「太極拳整体」とは、「太極拳」のポーズや動きによって

「整体(体を整える)」というものです。

 

太極拳のポーズや動きは良い姿勢でないとできません。

 

逆にいうと太極拳を行う事で

体は良い姿勢をとれるようになるのです。

 

 

とはいえ、一度にたくさんのポーズを教えられてもこまりますよね。

 

 

患者様も太極拳をやりたくてきているわけではありません。

 

 

そこで当院ではまず一つのポーズ、一つの動きだけを

ご説明・指導させていただいております。

 

 

今回は太極拳の型の”一番初めに出てくる動き”をご紹介させていただきます。

(名前を「起式」といいます)

 

 

<猫背矯正セルフケア体操・太極拳>

 

この動きは股関節を緩めて背中を腰をまっすぐにするものです。

 

よくある姿勢の例としてこのようなものがあります。

IMG_2798

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰の部分が”反り”、骨盤が前に傾いて(お尻があがって)

股関節の前面が伸びきっています。

 

 

この姿勢でずっと立っていると腰がつらく(痛く)なるという方は

当院の患者様でもよくお見かけします。

 

 

そこでこの骨盤の傾きを正して、腰の”反り”をゆるめていきます。

IMG_2795

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伸びきった股関節の前面をゆるめるためには

一度大きく関節を動かさないと難しいです。

 

 

そこでまず先ほどの立った状態から

両手を肩の高さまで挙げます。

 

IMG_2801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にあげた手のひらを下すときに

股関節の前面を折る意識で膝を曲げていきます。

IMG_2796

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※股関節をまげすぎないよう、

鏡などで姿勢をチェックしてくださいね。

 

IMG_2797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画はこちらです。

アイキャッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度慣れてくると、手をつかわなくてもできるようになります。

 

そうなるまで院長の私が一緒に体操をさせていただきます。

 

 

 

 

「猫背矯正と太極拳整体の

 立身堂整骨院」

東京都大田区大森西2-4-1

℡:03-6459-6720

e-mail:risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間:(月)~(土) 9:00~12:00 15:00~20:00

・(木)・(祝)は9:00~12:00のみ。

・今月の(土)は、7日・14日は20時まで、

     21日・28日は17時まで。

・日曜休診

 

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトから猫背矯正もご予約できます。