太極拳競技も腰痛改善も姿勢が大事!!(太極拳で腰痛を改善する専門家・438)

こんにちは!

大田区大森西 平和島駅徒歩4分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

さる9月18日(月・祝)は、「敬老の日」でした。

 

と、同時に僕が30年前からお世話になっている、

中央区武術太極拳連盟の秋季中央区大会が開催されました。

 

今年も個人の部・団体の部とも出場したのですが、

普段交流のない、別もクラスの選手との交流も楽しみな日でもあります。

 

大会で改めて気が付いたことを書きます。

 

物事は基本が大事。基本は姿勢。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太極拳に限らず、ヨガでもピラティスでも、

果ては、フィギィアスケートの世界でも、

上手な選手は姿勢がきれいで動きが柔らかいです。

 

綺麗な姿勢とは太極拳では「立身中正(りっしんちゅうせい)」といいます。

身体の軸が真っ直ぐになっていないと、左右・上下のバランスも悪く、

力も全身にいきわたらせることができません。

 

つまり、背中が丸かったり顔が前に出ているような猫背では、

よい動きができず、慢性腰痛などの原因にもなる訳です。

 

例え毎日太極拳の練習をしていたとしても、

猫背のままでは上手にはならない上に、

腰や肩を傷めるリスクもあります。

 

難しい技の練習をすると自分も上手になった気がしますが、

基本である良い姿勢ができていない場合、

上手になったというのは単なる錯覚に過ぎません。

 

良い姿勢の土台は骨盤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、姿勢を良くする方法ですが、

猫背の背すじを伸ばすだけでは不十分です。

 

実は、多くの人は長時間の立ち仕事やデスクワークによって、

気が付かない内に骨盤が普通よりも傾いたりゆがんだりしています。

 

骨盤は身体の中心にあって、姿勢(背骨)の土台となるため、

姿勢を良くしようと思ったらまず骨盤を真っ直ぐに立てなければなりません。

 

やり方は、骨盤周りの筋肉が固くなっていたら、

太腿の前後をストレッチでほぐし、

お尻の穴を真下に向けるようにすると、

骨盤をまっすぐに立てることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分一人で上手くできない場合は整体ショーツがおススメ!

ただ、そうはいっても骨盤が歪んだ姿勢で

長年過ごしてきていた人などは、

なかなかすぐには骨盤をまっすぐにはできないかもしれません。

 

そういう人には、「履くだけで骨盤がまっすぐに」なって、

しかも腰痛も改善する「整体ショーツ」がおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの画像をクリックすると、専用ページをご覧になることができます!

 

まとめ

今年の中央区大会では、幸運にも42式太極拳競技で優勝できましたが、

やはり良いし姿勢と柔らかな動きが重要だと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のように太極拳をやらないまでも、

姿勢が悪い(猫背)や腰痛が気になる人は

骨盤から姿勢を見直してみてください。

 

大田区の方は、当院でも太極拳教室をやっておりますので、

お気軽に見学・体験をお問合せください。

(お友達と御一緒に参加されるのも楽しいと思います)

 

【立身堂・健康太極拳教室】

  • 日時:毎週金曜日13時から
  • 場所:「こらば大森」内「いろいろルーム
  • 入会金1,000円 月会費2,000円
  • 初回無料体験・見学自由

 

 

勿論、立身堂整骨院でも無料の姿勢チェックを行っています。

 

予約優先制でやっておりますので、

予めご予約いただけますと、

ご来院の際スムーズにご案内できます。

 

どうぞ「お電話」か「web予約」をご利用くださいませ。

 

電話:03-6459-6720

 

 

 

【通常の受付時間・休診日について】

・受付時間
(月)(水)(金)9:00~12:00 15:00~20:00
(木)予約のみ 9:00~12:00
(土)9:00~12:00 13:00~17:00

・休診日
(日)(祝)(火)