太極拳で腰痛改善!!そのコツは「楽にやる」事!!(太極拳で腰痛を改善する専門家・377)

こんにちは。

大田区大森西 平和島駅徒歩4分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

僕は毎週木曜日の午後は太極拳の道場に行っています。

それだけではなく、年に数回、

全日本武術太極拳連盟主催の講習会にも参加しています。

無題

 

 

 

 

 

 

 

http://www.jwtf.or.jp/home/index.html

普段の稽古は2時間程度、それも参加されているシニアの方々に気を配りながらなのですが、

講習会はほぼ1日かけて行われ、自分の稽古に集中できるため毎回とても勉強になります。

 

先日の講習会では、講師の先生から「太極拳は楽にやりなさい」と教わりました。

 

「楽に」というのは「ダラダラ」とか「だらしなく」というのではなく、

中国語の「ファンソン」という太極拳用語のことで、

”良い姿勢を保ったまま余計な力を抜いて動く事”を指します。

 

それについて以下でご説明します。

 

太極拳を楽にやるには”脱力”と”姿勢”が必要

私たちは力を入れることは得意

私たちは普段何をする時でも肩や腰に力が入っています。
 
無意識なので自分では気が付いてませんが、
ちょっとした動作でも力がはいって
たいていそのまま力が抜けてません。
 be92c688e565f85f44ad7b98685f1898_s
 
 
 
そもそも”力を入れること”は、
子供のころから誰に教わらなくても
自然と覚えますしできますよね?
 
ですが、入れた力を抜くことは、意外と難しいものです。
それに力を抜く事はたいがいの人ができないので、
誰かに教わることもできません。
 
そうやって、力を入れてると
筋肉は固くなりますよね。
 
筋肉が硬くなったままだと疲労がたまりますし、
血管は筋肉の中を通っているので、
血行も悪くなって回復できません。
 
その結果、コリを感じるようになり、
最終的には痛みとなります。
 
その代表的な症状が慢性的な肩こりや腰痛です。 
 
 
 
 
 
 
今は筋肉の問題についてのみ、触れてきましたが、
実際には猫背のような不良姿勢も関係しています。
 
  

「立身中正」という正しい姿勢で痛みも楽に!

繰り返しになりますが、

筋肉に余計な力が入ると、固くなるだけでなく

短く縮んで(短縮)骨格もゆがめます。

 

一言でいうと猫背なのですが、

部分的にいうと、以下の3つがポイントになります。

  • 巻き肩(前肩型猫背)
  • 反り腰(骨盤前傾)
  • 首猫背(スマホ首他)

 

 

これらはみなそれぞれの部位に

過大な負担がかかりますので

コリや痛みの原因となります。

 

一方、太極拳には「立身中正」という基本用語がありますが、

これは上記のような猫背を正した、まっすぐな良い姿勢の事です。

 

なので、体の力を抜いて良い姿勢をとるようにすると

体に余分な負担がかからなくなるために、

腰痛や肩こりが軽減されるというわけなのです。

 

太極拳のメリット・楽にやると指先まで神経が行き届く

997b9050239c667252801f11e5abc837_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉に余計な力が入ってガチガチでいると、

人間は体の感覚も鈍くなります。

 

私たちの体は神経が筋肉に指示を与えて

動かすようになっているのですが、

実は頭から神経がいってない所もあるんですね。

 

例えば足の指でじゃんけん、グーパーとかがうまくできないような・・・

 

そういった神経のいってない所も

太極拳を楽~にゆっくりとやってるうちに神経が行き届いてきます。

 

太極拳のゆっくりとした楽な動きで、指先一つ一つまでを意識し、

感じながら続けていくから神経が通っていくわけです。

(逆に速く動いてしまうと、神経を行き届かせる前に

動きが終わってしまうので神経が通っていきません)

  

楽にやることは適当にやることではありません

さて、「楽にやる」の体への良い効果について述べてきましたが、実は初心者には微妙です。
ある程度、基本の立ち方が身についていたり、姿勢の事が分かってない内に
楽にやると姿勢や動きがグニャグニャになってしまるリスクがあるためです。
 
「肩の力を抜いて~」くらいからが初心者にはあうように個人的には思っています。
 a1a45a5a8687f887e1ee48f56da4af8a_s
 
 
 
 

まとめ

太極拳に限らず、慢性的に肩こりや腰痛のある人は、

一度自分の体に力が入っていないか確認してみてください。

 

ベッドに横になって脱力した時に、

体がベッドに密着しなければ

自分ではそのつもりがなくても

筋肉がガチガチに緊張したままになっています。

IMG_3158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時、手っ取り早く力を抜くには、深呼吸です。

 

大きく静かに息を吐きながら

手足を「ダラ~ン」とさせることから

試してみてください。

 

最初はうまくできないかもしれませんが、

毎日くりかえしてる内にだんだんと上手になってきます!

 

ただ、中高年以上の方ですと長年の体のくせで

もはや自分だけではうまく脱力できない場合もあります。

 

その場合は、一度お近くの治療院で

全身をほぐすような施術をしてもらってください。

マッサージでもいいのですが、

できれば猫背矯正がよいですね。

 

b03753b63ea9c092531b0ac1e0dba2c1_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施術で体の力が抜けたら、

その感覚を忘れないようにしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院でも腰痛や太極拳について

ご相談は無料ですので、

お気軽にお問合せください。

 

毎週金曜日の13時から、「こらぼ大森」にて

【立身堂・健康太極拳教室】

も開催しております。

 

 

※なお、当院は予約優先制です。

事前にご予約されますと、スムーズにご案内できます。

 

【ご予約はこちらかどうぞ】

℡ 03-6459-6720

緑バナー

 

 

 

 

 

「立身堂整骨院は猫背矯正と

 太極拳を応用した体操で腰痛改善!!

【訪問マッサージもやっています

東京都大田区大森西2-4-1

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間 月・水・金: 9:00~12:00 15:00~20:00
     木:予約のみ(9:00~12:00)
     土:9:00~12:00  13:00~17:00

     休診日:火曜・ 日曜・祝日

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトからはご予約だけでなく高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのネコ背セルフケアグッズのご注文もできます。