年々落ちていくスタミナを維持するには(太極拳整体・092)

こんにちは。

大田区大森西 平和島駅徒歩5分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

 

既に過ぎてしまいましたがお正月のお楽しみといえば、

箱根駅伝を上げる方も多いですね。

少なくとも私の周りの男性はほぼ全員です

 

 

当院近くの平和駅前の15号線へ、応援に行かれた方も多かったです。

fbda94d60cd50bcfdfb7dadb24f2c21e_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手の方々は日ごろから厳しい練習をされているとはいえ、

すごいスタミナ(体力・持久力)だといつも感心してしまいます。

 

 

あそこまですごくなくても、疲れにくい体は理想ですね。

 

 

ですが、どうしても私たちの身体は加齢とともにスタミナが落ちてきます。

 

 

できればいくつになってもスタミナを維持したいのが多くの方の望みだと思います。

ab370c4e23eee4025437b4a501a8320f_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、どうすればスタミナを維持できるでしょうか?

 

 

 

 

<スタミナアップのポイント>

スタミナをアップさせるポイントは、細胞の中の”ある物”を増やすことです。

a7506fffdf63d3642e6ae2c061e5bcf2_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・それは”ミトコンドリア”といいます。

 

私と同世代(40代)の方は、「パラサイト・イブ」という作品で

お聞きになったことがあるのではないでしょうか?

ダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(瀬名 秀明 著  新潮文庫)

 

もう20年くらい前の作品ですが、

当時の私は原作小説を読み、三上博史主演の映画も見に行きました。

(不思議とヒロインの顔は思い出せないんですよね、細胞のイメージが強すぎて)

 

 

 

この作品でそれまで遠い世界の言葉だった、

ミトコンドリアを身近に感じられるようになった気がします。

 

 

話しがそれてしまいました、本題に戻ります。

 

ミトコンドリアは、人間が食べた物からATPという物質を作っています。

 

食べた物はそのまま体を動かすエネルギーとはならず、

実は一度ATPという物質に作り替えられる必要があるのですね。

 

そのATPはスタミナの有無にも大きく関係しています。

 

ミトコンドリアは、中年以降減っていきますが、

キツイと思うくらいの運動をすることで増やすことができます。

 

 

<1分の運動でミトコンドリアを増やす>

細胞の中には、「細胞内のATPの量」を監視している酵素があって、

軽い運動ではATPが不足せず、この酵素が働くことはありません。

 

ですが、少しキツイ運動でATPが不足すると酵素が働き、

より多くのATPを作ろうと、ミトコンドリアが分裂を始め、増えていきます。

 

 

 

 

因みにキツイ運動は、通勤など移動の際に、

小まめに1分ずつ早歩きをしたり、

エレベーターを使わず階段を上ったりするだけでもOKです。

 

ポイントは「少しだけ、しんどいな」と思うくらいの負荷を体にかけること。

 

その他にも家の中でスクワットを10回するだけでもOKです。

IMG_3144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日小まめに繰り返すことで、ミトコンドリアが次第に増え、

⇒スタミナが増え、疲れにくい体を手にいれられるようになります。

 

 

 

<食事でスタミナを増やす>

63f4a5f2e735bc210f75e49d6d23b6f1_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミトコンドリアは「カロリー制限」をしたり、「空腹感を感じる」ことでも増やすことができます。

 

長寿遺伝子」というものが働くためだと考えられています。

 

逆に食べ過ぎると、ミトコンドリアがATPを作り出すのに必要な量をこえ、

超えた分が脂肪となって、“メタボ”の身体になってしまいます。

(ミトコンドリアは増えず、加齢の分減っていきます。)

 

 

一方で、ミトコンドリアを増やしたり、その働きを助ける栄養素もあります。

 

 

イカやタコ、貝類などに多く含まれる「タウリン」は、

ミトコンドリアを増やす働きがあるとされています。

640872128b4c64f5182f3deafde1236e_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、ウナギや豚肉などに多く含まれる「ビタミンB群」、

レバーなどに多く含まれる「鉄」は、

ミトコンドリアがATPを作り出すのを助ける働きをしています。

1753d0e3f3a0fecaf3de6d018b23b54e_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめると、

 

  1. 毎日1分の少しきつい運動
  2. 食べ過ぎないこと
  3. ミトコンドリアを助ける食品を食べる

 

 

これがいつまでもスタミナを保つために必要なようです。

 

運動を始めるのは簡単ですが、続けるのは難しい。

 

ですが、一緒に運動する仲間・友人や

ご家族にご協力いただいて、

いつまでも元気でいたいものですね。

6990d4d2f0a821bacb58ebd2290e041b_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は毎週木曜日の午後は院を閉めて、

太極拳教室に指導員として参加させていただいています。

 

平日の午後なので参加される方はご高齢の方が多く、

人によって関節の痛みが大なり小なりあるものの、

皆様とてもいきいきとお稽古されています。

 

 

そういうお姿を拝見していると

みんなで共通の運動をする習慣は

やはりすばらしいと思いますね。

 

 

 

 

 

「猫背矯正と太極拳を応用したセルフケア体操の

 立身堂整骨院」

東京都大田区大森西2-4-1

℡ 03-6459-6720

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間 (月)~(土) 9:00~12:00 15:00~20:00

       (木)(祝) 9:00~12:00のみ

        日曜休診

       ※申し訳ございませんが研修の為、

         1月5日(火)は17時までの受付

         1月11日(月・祝)は休診となります。

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトから猫背矯正のご予約や高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのセルフケアグッズ用枕のご注文もできます。