その痛みは治療が必要?痛みの出方で判断を!(姿勢から腰痛を改善する専門家・423)

こんにちは!

大田区大森西 平和島駅徒歩5分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

だれでも日々暮らす中で、

”まったく体の痛みを感じない”

という事はないと思います。

 

そんな時、どうしていますか?

 

「足首をひねって腫れてズキズキする!」

というくらいハッキリ痛ければ

すぐ病院に行くと思うのですが、

それほどでもない、微妙な場合ってありますよね・・・

 

 

 

 

そんな時って病院に行くのは大げさで恥ずかしいし、

めんどくさいし、と我慢していないでしょうか?

 

確かにそれで治ってしまう場合もありますが、

中には我慢しすぎて痛みが悪化してしまう場合もあります。

 

以下でその簡単な見分け方を書きます。

 

治療が必要な場合の簡単な見分け方

体の痛みにはいろいろな種類があります。

 

  • 腰や膝、肩のような筋肉・関節の痛み、
  • 腹痛や頭痛のような体の中の臓器の痛み、
  • ビリビリと痺れるような神経性の痛み・・・

 

ですが、それぞれの原因にハッキリした心当たりがあって、

2~3日でなくなる1回限りの痛みでしたらそう心配はいりません。

同じ原因を繰り返さないようにすれば、再発を防げるからです。

 

ですが、1週間以上にわたって同じ強さの痛みが続いたり、

逆にだんだんとひどくなるような場合は、

すぐに病院で診断を受け、治療を始めないといけません。

放置しておくと危険です!

 

また、「2~3日で痛みがなくなる」という事が

繰り返し起きる場合も一度病院に行ってください。

先ほどよりは危険度は下がりますが、

繰り返されるたびに少しずつ悪化していく可能性が高いです。

 

3つの痛みの判断方法

腰や膝・肩のような関節・筋肉の痛み

50~60代を過ぎて、腰や膝関節の痛みがある場合は、

一度、整形外科病院で関節内の検査を受けましょう。

 

加齢によって軟骨が潰れていたり、

骨の変形が原因で痛みが出ていることがあります。

 

その場合は、我慢していてもなおらないので、

ヒアルロン酸注射など必要な処置を受けてください。

 

肩こりや腰痛のような”病気でない痛み”がある場合は、

町の整骨院・鍼灸院でマッサージや鍼灸施術を受けるか、

ストレッチなどのセルフケアをしましょう。

 

特に慢性的な肩こり・腰痛の場合は、

猫背のような不良姿勢が原因の事が多いので、

普段から自分の姿勢を良くすることを心がけてください。

 

ただし、腕が肩より上に上がらない50肩や、

痛くて動けないようなギックリ腰になった時は、

自分ではなおせないので、整骨院にご相談ください。

 

腹痛や頭痛のような体の中の痛み

腹痛は痛み方で判断

体の中の痛みは外からは見えないので、

普通の人には判断が難しいです。

 

また、一口に腹痛と言っても痛む場所によって

疑われる病気はかわってきますし。

 

 

 

 

 

なので、細かい事よりも以下の点で病院にいくべきか

判断されると良いと思います。

  • その痛みが毎日、毎週、毎月などずっと繰り返しおきているか?
  • その痛みが1週間以上の長期間にわたるか?悪化してないか?

(もちろん、我慢できないような激しい痛みはすぐ病院です。)

 

頭痛はタイプ別で判断

慢性頭痛に関しては、筋緊張性頭痛、偏頭痛、群発性頭痛があります。

これ以外にクモ膜下出血のような急性のものもありますが、

クモ膜下出血では「今まで感じた事のない激しい痛み」が

特徴ですのですぐ救急車を呼んで病院です!!

 

 

 

 

 

 

筋緊張性頭痛は、頭が締め付けられるような頭痛で、

この場合は、首や肩をあたためたり、

マッサージで改善されます。

 

逆に偏頭痛はズキズキした痛みが特長です。

頭や首を冷やしたり、横になって安静を保ち、

マッサージはしてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群発性頭痛はまだ詳しい事はよくわかっていないのですが、

とても激しい痛みが特長です。

 

対処方は、薬と純度100%の酸素を吸入することと言われています。

なので、上2つはセルフケアもできますが、

この頭痛は病院に行く必要があります。

参考:http://www.skincare-univ.com/article/008894/

【群発頭痛の原因と発生時の対処法と予防対策】

 

慢性頭痛はストレスによって自律神経の働きが乱れて

起こっていることが多いです。

なので、普段からストレス発散を心がけ、

軽い運動の習慣を心がけると改善されます。

 

ビリビリと痺れるような神経性の痛み

あまり強い痛みではなく、

「なにか気になる」感じだと思います。

 

ですが、正体がハッキリしないと気持ち悪いですよね?

 

ビリビリくるような症状はその部分を走る神経が

どこかで圧迫されて起きています。

 

長時間正座した後に足がしびれることを思い出してください。

これは、足がずっと圧迫され続けたことで、

中の神経も圧迫されておきていますよね。

 

このビリビリくる症状も同じで、

手のビリビリなら、首から肩、肘の間で、

足のビリビリなら、腰から股関節、膝の間で

神経が圧迫されていることになります。

 

これは病気やケガではないので、

病院ではあまり改善されません。

 

また、自分で良くしようとしても

患部を温めるくらいしかやりようがありません。

 

整骨院や鍼灸院で神経を圧迫している部分の筋肉をほぐしたり、

骨格のゆがみを整えるようにしていき、

時間をかけて少しずつ症状を改善していくのがおススメです。

 

治療に必要な時間と費用

おそらく多くの人が気になる点がここだと思います。

 

症状・病院・治療院によって変わりますが、

時間に関しては1回30分から1時間程度を

みておけば良いと思います。

 

費用もまた、症状・病院や治療院によってかわるので

以下はあくまで目安です。

 

まず、病院の場合は保険適用されるので

初診は数千円かかるでしょうが、

2回目以降の再診では数百円で治療を受けられると思います。

 

治療院のうち、整骨院は骨折・脱臼・捻挫など、

急性の怪我のみ保険適用で、慢性症状は自費になります。

 

一方、鍼灸院では慢性症状に対して保険が適用されるのですが、

その場合、初めに医師の同意書が必要で、

その後も3ヶ月ごとに同意書の更新をしなければいけません。

 

いずれも保険適用なら病院と同じくらいの金額になる筈です。

お電話で予めおおよその金額を確認しておくと間違いないでしょう。

自費の場合はその院ごとに決められた金額になります。

 

まとめ

今はインターネットで健康に関する情報が大量に入手できますが、体の痛みに素人判断は危険です。

 

だからといってちょっとして痛みで

すぐ病院に行くのも大げさですよね。

 

なので、まずは痛みのでている期間や出方、

原因で判断してみてください。

 

 

因みに、当院でも無料相談を受け付けておりますので、

お電話・メールにてお気軽にご相談ください。

 

※当院での治療をご希望の場合、当院は予約優先制です。

事前にご予約されますと、スムーズにご案内できます。

【ご予約はこちらかどうぞ】

℡ 03-6459-6720

 

 

 

 

 

「立身堂整骨院は慢性腰痛を太極拳整体と

 猫背矯正で根本から改善!!」

健康太極拳教室・訪問マッサージもやっています】

東京都大田区大森西2-4-1

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間 月・水・金: 9:00~12:00 15:00~20:00
     木:予約のみ(9:00~12:00)
     土:9:00~12:00  13:00~17:00

     休診日:火曜・ 日曜・祝日

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトからはご予約だけでなく高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのネコ背セルフケアグッズのご注文もできます。