朝のふくらはぎの重さは血液の循環を良くして改善!(太極拳整体・375)

こんにちは。

大田区大森西 平和島駅徒歩5分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

今週は寒い日が続き、外にでるのがイヤ、

・・・どころか、朝ベッドや布団から出る事さえ辛くなりましたよね。

d7e784dc5b35f812d4028eff61263997_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い時はただ寒いだけでしたが、年齢を重ねるとともに

首を寝違えたり体のあちこちに痛みを覚える事も増えてきます。

今回はその一つ、ふくらはぎの重さとその改善策についてみていくことにしましょう1

 

朝起きた時に体が痛んだり重くなるわけ

 人間は睡眠中は、休息のために血液の流れが起きている時よりゆっくりとなり、体温も1~2℃下がります。

その血流は全身で均一ではなく、脳や内臓のような生きていくうえで絶対に大事なところが優先され、

体の外側の筋肉や手先・足先は後回しになるような仕組みになっているのです。

 87c8465a47c5f48764d6307018c0b1e2_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると、もともと血流が少ない部分は冷えやすいことに加えて、

明け方の急なきつい冷え込みによってさらに冷やされるために筋肉がガチガチにかたくなります。

 

もともと疲労のたまっていた腰や首・肩の筋肉が冷たく硬くなって痛むようになり、

冷えて循環の悪くなったふくらはぎは重く、つりやすくなるという訳だったのです。

 f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

 

 

 

 

 

 

 

 

もうしばらく経って冬の陽気に体が慣れてくればいくらかマシにはなりますが、

一度痛みや重さを感じるようになったら、きちんと対策をたてないとなかなか良くなりません!

 

 

痛みや重さ対策・冷えた体の改善方法

血流が悪くなって冷えて痛みや重さを覚えたのですから、
対策は「血流を良くする」たったそれだけです。 
 
ただし、単に部屋の暖房の温度を上げたり厚着をするだけでは不十分です。
ピンポイントで痛み・重さのある部分の筋肉を良くしなければなりません。
 

ふくらはぎのストレッチのやり方

ピンポイントで痛み・重さのある筋肉を動かします。
 
ふくらはぎが思い場合には、足首のストレッチが効果的です。
より深く筋肉を動かすために階段の低い段を利用して行ってください。
 
➀倒れないよう横の壁につかまって、つま先で階段の一段目に立つ
IMG_3597
 
 
 
 
②そのまま踵を落としたり、持ち上げる(10回行ってください)
IMG_3598IMG_3599
 
 
 
 
 
最初は難しいかもしれませんが、毎日10回ずつやってるとだんだん上手くなってきます。
 
 
しかも筋肉が強くなると中の血流も良くなるので、重さやつる、という症状もだんだん改善されていきます。
  
 

まとめ

人間の体は自分で思っているよりも複雑でデリケートです。

痛みや重さという体からのサインを感じたら、早めに対処するようにしてください。

早く対策するほどなおりも早くなります!

 

特にふくらはぎは「第2の心臓」とも言われるくらい、

全身の血行には深い関わりを持っているのでよく動かすようにしてくださいね!

1dc3a051e17d95d304a027861c06d325_s

もし、自分ではうまくできない、やってるけど効果がない、

・・・という場合にはどうぞ当院までお問い合わせください。

猫背、腰痛その他についてご相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

 

※なお、当院は予約優先制です。

事前にご予約されますと、

スムーズにご案内できます。

 

【ご予約はこちらかどうぞ】

℡ 03-6459-6720

緑バナー

 

 

 

 

 

「立身堂整骨院は猫背矯正と

 太極拳を応用した体操で腰痛改善!!

【訪問マッサージもやっています

東京都大田区大森西2-4-1

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間 月・水・金: 9:00~12:00 15:00~20:00
     木:予約のみ(9:00~12:00)
     土:9:00~12:00  13:00~17:00

     休診日:火曜・ 日曜・祝日

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトからはご予約だけでなく高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのネコ背セルフケアグッズのご注文もできます。