マイコプラズマ肺炎が大流行!3つの感染症対策で拡大を防ぎましょう!(太極拳整体・373)

こんにちは。

大田区大森西 平和島駅徒歩5分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

僕自身も医療関係者の端くれですので季節ごとの流行病について意識はしていますが、

患者様からもそういったことに関する情報をいただきます。

 

ある方はインフルエンザの予防接種について現場のお話を聞かせてくださり、

またある方はマイコプラズマ肺炎が発生した件について教えてくださいました。

 

インフルエンザは毎年のことですが、マイコプラズマはあまり耳慣れないと思います。

それもそのはずで、マイコプラズマ肺炎は別名「オリンピック肺炎」と言われるほど

大流行の間隔が長いようなのです。

 

今回は、マイコプラズマ肺炎とその流行について改めて見ていきましょう。

 

マイコプラズマ肺炎とは

細菌類
 
 
マイコプラズマ肺炎とはその名の通り、 マイコプラズマという細菌が原因で、
くしゃみやせきによって人から人へ感染する病気です。

そして、乾いたせきと発熱が特徴で、解熱後も数週間にわたってせきが続き、

中耳炎や無菌性髄膜炎、脳炎などを併発し重症化することもある恐ろしい病気です。

しかも14歳未満の子供が患者の8割を占めるため、学校などの閉鎖空間での感染も非常に懸念されます。

 

今回の流行について、専門家は、従来の抗菌薬が効かない耐性菌の影響を指摘、

マスク着用やこまめな手洗いを呼びかけているといいます。

 

 

マイコプラズマ肺炎の流行状況

136647
 
 
 
 国立感染症研究所による流行状況はこのようになります。
 
1.10月17~23日に全国約500の医療機関の平均患者数は統計開始以来、過去最多を記録

2、10月24~30日の1週間の患者報告数は691人で、1医療機関あたり1・46人

  過去最多だった前週の1・61人に続き、高い水準だった

3、都道府県別では、群馬が最多で、以下は岐阜、青森、埼玉、大阪、愛知、静岡、山口の順

4、今年に入ってからの報告総数は1万4953人(昨年1年間の1万323人を大幅に上回る)

 

そもそも、世界的には3~8年程度の周期で流行を繰り返し、

日本では1984、88年と4年間隔で大流行したので、

オリンピック肺炎」と呼ばれたようです。

その後暫く落ち着いていたものの、11、12年に大流行し、

リオ五輪があった今年16年はやっぱり4年ぶりの大流行となってしまいました。

 

3つの感染症対策

洗面台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら今年大流行となってしまったマイコプラズマ肺炎ですが、

患者の治療と同時に新たな感染の拡大を予防することも大事です。

 

マイコプラズマに限らず感染症が流行するのは3つの条件がそろった時なのです。

逆にいうとその3つが揃わなければ流行は防げます。

では、その3つとは何でしょうか?

 

1、病原体

今回で言うと「マイコプラズマ」という細菌です。

この細菌が繁殖しないよう身の回りのものを常に清潔にしておきましょう。

 

また、すでに感染している人がいる場合は他の人にうつらないよう、

学校や仕事をお休みしてしっかり治療を受けていただくのが良いですね。

 

2、感染経路

どんなに強い病原体でも人体に入るルートがなければ感染しません。

マスクを使う、手洗い、うがい、手がふれる所を消毒するなどしましょう。

冬場は暖房のため窓を閉めたきりになりがちですが、

定期的な空気の入れ替えも空気中に漂う細菌を除くために有効ですね

 

3、個人の条件

人体の免疫力が正常に働いていれば、少々の病原体は退治できます。

日ごろから睡眠をしっかりとり、食事もバランスよくとりましょう!

予防接種も受けておけばなお良いですね。

 

まとめ

注射

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細菌やウィルスは目に見えないので気が付かないうちに感染していることがあります。

特に今年流行の菌は今までよりも強力なようですが、

既に感染してしまった場合は専門医の指示に従って治療に専念してください。

 

まだ感染していない場合には、手洗い・うがい、マスクで菌から身を防ぎ、

しっかりとした生活リズムで免疫力を高めておきましょう!

 

免疫力を高めるためには自律神経の働きが整っている事が重要です。

例えば「よく眠れない」というのも自律神経の働きの乱れからきています。

自律神経の働きを整えるためにはストレスを解消し、

心も体ものびのびとリラックスさせると良いです。

 

もし自分でうまく体をリラックスさせられない場合は、当院へお気軽にお問い合わせください!

各種矯正や太極拳整体で体をほぐしてリラックスさせ、自律神経の働きも整えます。

 

参考:「子供の病気予防・3つのポイント」

http://sickchild-care.jp/point/2751/

 

参考:「五輪肺炎」復活? マイコプラズマ肺炎が大流行

http://www.asahi.com/articles/ASJC85PXVJC8ULBJ014.html?ref=mixi

 

猫背、腰痛その他についてご相談は無料ですので、

お気軽にお問合せください。

 

※なお、当院は予約優先制です。

事前にご予約されますと、

スムーズにご案内できます。

 

【ご予約はこちらかどうぞ】

℡ 03-6459-6720

緑バナー

 

 

 

 

 

「立身堂整骨院は太極拳整体と

 猫背矯正で腰痛改善!!

【訪問マッサージもやっています

東京都大田区大森西2-4-1

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間 月・水・金: 9:00~12:00 15:00~20:00
     木:予約のみ(9:00~12:00)
     土:9:00~12:00  13:00~17:00

     休診日:火曜・ 日曜・祝日

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトからはご予約だけでなく高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのネコ背セルフケアグッズのご注文もできます。