「秋分の日」は季節の変わり目。体調管理にもご注意を!(太極拳整体・337)

こんにちは。

大田区大森西 平和島駅徒歩5分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

秋分の日」は、「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」

として制定されたそうですね。

 

9月には「敬老の日」もあるため、

なんだか9月は人生の先輩方を

敬愛する月のような感じがします。

096508

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「秋分の日」と「お彼岸」=おはぎの豆知識

 

そういえば「秋分の日」はお彼岸の中にありますが、

お彼岸と言えば、「おはぎ」をお供えしますね。

 

春のお彼岸には「ぼたもち」、秋には「おはぎ」。

 

実はこの2つは同じもので、呼び名が違うだけなのです。

「ぼたもち」、牡丹の季節=春のお彼岸に食べるからで、

  あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立て、

おはぎ」は、萩の季節=秋のお彼岸に食べるからで、

  あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたそうです。

953cf9b109f6c7fe8a5c812603bb7d65_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、今ではどちらも

おはぎ」と呼ばれることが多いようで

ここでも「おはぎ」で通させていただきます。

 

 

「おはぎ」をお供えする理由は、

1、小豆の赤い色には魔よけの効果がある

2、米の種まきを行う春のお彼岸と、収穫をする秋のお彼岸で

  収穫の感謝を伝える

 

という説があるそうですが、実ははっきりとはわかっていません。

 

 

「秋分の日」は「陽気の変わり目」

そして、「秋分の日」を境に、

それまでの昼と夜の長さがかわり

徐々に夜が長くなっていく節目の日ともいいます。

 

だんだんと季節が変わっていくのを

実感する日なのですね。

 

こういう季節がかわる時期を「陽気の変わり目」ともいえます。

 

涼しくなるのはいいのですが、

実はいいことばかりでもありません・・・・

 

 

陽気の変わり目には体調を崩しやすい」

「陽気の変わり目には風邪をひきやすい」

と昔からいいます。

 

今まで暑かった夏がおわり、涼しくなると

身体が急にその変化についていけなかったり、

夏の間にたまった疲れがでるからです。

172917

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ・陽気の変わり目には体調管理にご注意を!

 

実際、最近の当院の患者様でも

「朝、起きると腰が痛い

などの体の痛みを急に感じる人が目につきます。

 

涼しさに体がなれるまでは、

足や腰を冷やさないようにし、

睡眠もしっかりとって体調管理に気を付けてくださいね!

 

 

自分が健康でいることが祖先への

孝行・供養にもなりますので

 

 

参考【秋分の日の意味についてや祝日の理由を紹介】

http://freestances.com/1251.html

 

 

腰痛その他についてご相談は無料ですので、

お気軽にお問合せください。

 

※なお、当院は予約優先制です。

事前にご予約されますと、

スムーズにご案内できます。

 

【ご予約はこちらかどうぞ】

℡ 03-6459-6720

緑バナー

 

 

 

 

 

 

 

「立身堂整骨院は猫背矯正と

 太極拳を応用した体操で腰痛改善!!

【訪問マッサージもやっています

東京都大田区大森西2-4-1

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

受付時間 月・水・金: 9:00~12:00 15:00~20:00
     木:9:00~12:00
     土:9:00~12:00  13:00~17:00

     休診日:火曜・ 日曜・祝日

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトからはご予約だけでなく高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのネコ背セルフケアグッズのご注文もできます。