おすすめの枕の選び方・2(太極拳整体・074)

こんにちは。

大田区大森西 平和島駅徒歩5分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

 

睡眠は人間にとって必要なだけでなく、

本来気持ちの良い”お楽しみ”でもあります。

 

 

気持ちよく眠り、質の良い睡眠を楽しむためには

寝具もそれなりのものが必要になり、

特に枕は自分にあっていないと身体の不調につながってしまいます。

 

 

 

例えば、

  • リラックスできず、寝つきにくくなる
  • 枕が低いと、朝の顔のむくみや頭痛の原因になる
  • 枕が高いと、首のしわや肩こり、首のハリの原因になる
  • 睡眠の質の低下は思考力・記憶力の低下、免疫力の低下、肌の悪化、急激なストレス症状や不安症状などを引き起こします。

 

 

 

 

枕が自分にあっていればまるきり逆の結果になります。

 

  • 寝つきやすくなる
  • 熟睡でき、質の高い睡眠になる
  • 朝の顔のむくみや、首のしわが改善されてくる
  • 朝の頭痛や肩こり、首のハリがなくなる

 

 

 

このように「自分にあった枕」はとても大事なのですね。

 

 

 

では、「自分にあった枕の選び方」とはどんなものでしょう?

 

 

 

 

<自分にあった枕の選び方>

※「自分にあった」というのは、「自分の好み」というより、

 「体(首や頭の形)にあった」という意味です。

 

 

一般社団法人 日本施術マイスター養成協会 代表の小林 篤史先生は、

枕は「高さと硬さと形」が大事とおっしゃっています。

 

 

高さについては、前回のブログでご説明させていただきました。

「おすすめの枕の選び方・1」

 http://risshindo.jmtta.org/blog/1890/

 

 

今回は硬さと形についてご説明させていただきます。

 

 

 

<枕の硬さと形の選び方>

 

硬さは、硬すぎても柔らかすぎてもよくありません。

 

 

人間の頭は丸いので、枕が固いと頭が横を向きやすくなり、

そうなると頸椎がねじれてしまいます。。。。

(仰向けの場合)

 

 

また、寝てる間は自分の頭の重さで枕に接触している面が

常に硬い枕に押しつけられていることになり、

起きた時にそこが痛くなってしまいます。

 

 

 

 

逆に柔らかすぎて頭が沈んでしまうのもよくありません。

(もともと頭がはまるようにドーナツ状に凹んでいるものもありますね)

2fd0b11f679ac9fcea9b640336e9defa_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合、頭が枕に固定されてしまいます。

 

 

人間は寝ている間に何度か寝返りをします。

 

 

寝返りする時に頭が固定されていると、

身体がねじれた状態になり、首に負担がかかります。

IMG_3160

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果、”寝違え”になってしまうのですね。

 

 

【低反発枕】なども頭が沈んで固定されるのでよくないということになります。

 

 

 

適度な硬さがあれば寝返りもしやすくなるわけです。

IMG_3162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に形です。

 

 

 

最近はストレートネックの人向けに手前が高い枕を見かけますが、

これも寝返りがうまくできないのでよくありません。

 

 

オーソドックスな長方形で、平らなものがおススメです。

 

 

 

<補足・眠る時の姿勢も大事>

 

枕の「高さと硬さと形」について2回に分けてご説明させていただきました。

 

最後に眠る時の姿勢についてもご説明させていただきます。

 

 

眠にり入る時、人によって上向きや横向き、うつ伏せと、

それぞれ寝やすい姿勢があると思います。

IMG_3157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枕の高さはその時の姿勢に合わせると眠りやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、うつ伏せの場合は顔が横をむきます。

 

 

この状態だと頸椎がゆがみやすいので

なるべくうつ伏せはしない方が良いです・・・。

87c8465a47c5f48764d6307018c0b1e2_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ書かせていただきましたが、

実際にお試しにならないとわからないですよね。

 

 

 

当院ではいつでもベッドで実際に「快眠枕」のお試しをさせていただいております。

 

 

お気軽にお声がけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「猫背矯正と太極拳を応用したセルフケア体操の

 立身堂整骨院」

東京都大田区大森西2-4-1

℡ 03-6459-6720

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

 

受付時間 (月)~(土) 9:00~12:00 15:00~20:00

       (木)(祝) 9:00~12:00のみ

        日曜休診

 

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトから猫背矯正のご予約や高さ調節のできる快眠枕、

自宅でのセルフケアグッズ用枕のご注文もできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「猫背矯正と太極拳を応用したセルフケア体操の

 立身堂整骨院」

東京都大田区大森西2-4-1

℡ 03-6459-6720

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

 

受付時間 (月)~(土) 9:00~12:00 15:00~20:00

       (木)(祝) 9:00~12:00のみ

        日曜休診

 

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトから猫背矯正のご予約や、

ご自宅でのセルフケアグッズ用枕のご注文もできます。