「はやり目」が流行の危機?!(太極拳整体)

こんにちは!

大田区大森西 平和島駅徒歩10分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

院長の四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

 

先日耳慣れない病名を耳にしました。

 

 

はやり目」と呼ばれる病気です。

 

 

皆さんはご存知だったでしょうか?

 

 

岡山県とか西の方で流行しているので

そちらの方では有名なのかもしれませんね。

 

 

東京の私は恥ずかしながら初耳でした。

 

 

 

<はやり目とは?>

 

眼科医の岡部史朗県医師会理事(73)のお話しでは

これはウイルスによって目が充血したり、

涙が多く出たりする「流行性角結膜炎」という病気の事でした。

 

 

角膜と言うのは瞳(黒目)の表面にある膜で、

結膜はその周りの白目と瞼の裏側を覆っています

 

 

そこに”アデノウィルス”という名前の

強い感染力を持つウィルスが感染、

1~2週間後に炎症をおこして

 

・充血

・目に異物が入ったような感じ

・目ヤニ・涙の量が増える

・耳の近くのリンパ節がハレて発熱する

 

などの症状がでる事があるそうです。

 

 

 
国立感染症研究所の調査では、

11月の全国の1医療機関当たりの患者数は

過去10年で2~3番目に多いペースだといいます。

 

以前は子どもたちが夏にプールで感染した後、

秋まで流行するパターンが多かったのに

温水プールなどの普及で今では一年中感染の危険がでてきました。

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<はやり目の治療と予防>

 

全国的に流行がみられる今年は特に注意が必要になってきますが、

治療のための特効薬はなく、主に目薬による対症療法となるそうです。

 

 

 

また、ウイルスに対する抵抗力をつけるため、

十分な休養も有効という点は風邪などと共通ですね。

 

 

 

同時に日常生活では手洗いをまめに行い、

タオルを家族で別にするなど感染のリスクをなくすのも大事です。

 

重症化を防ぐためにも異変を感じたら、

早目に眼科を受診するようおススメします。

 

 

感染・発症後は眼科での治療が必須ですが、

我々整骨院や鍼灸院の立場からは、

日ごろから疲れを残さないようにお体のケアをして自然治癒力を高め、

ご家族皆様のご健康を保つ一助をさせていただきたいと思います。

363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「猫背矯正と太極拳を応用したセルフケア体操の

 立身堂整骨院」

東京都大田区大森西2-4-1

℡ 03-6459-6720

e-mail risshindo@aurora.ocn.ne.jp

 

受付時間 9:00~12:00 15:00~20:00

       (木)(祝) 9:00~12:00のみ

       日曜休診

 

 

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトから猫背矯正のご予約と

枕など各セルフケアグッズのご注文もできます。