足の屈伸は姿勢よく!(太極拳整体)

こんにちは!

大田区大森西 平和島駅徒歩10分。

環七通り沿い 沢田交差点近くの立身堂整骨院

四方田 春義(よもだ はるよし)です。

 

 

太極拳の教室でもリハビリ体操の教室でも

よく見かける光景があります。

 

 

それは高齢者や長らく運動をしていない方が

足の屈伸運動をする時の共通点です。

 

 

そういう方は脚力が弱いために、

屈伸運動(スクワット)をしようとすると

腰を低く落とすことができません

 

 

 

ですがご本人は一生懸命やろうとがんばります。

 

 

その結果、上半身を曲げる(下げる)ことで代償してしまいます。

(いわゆる”猫背”です)

 

 

そうすると頭の位置が下がるので”やった”気はするのですが、

足の屈伸運動にはなっていません。

 

 

初めのうちは腰を低く落とさなくていいので、

猫背にならないよう注意して

少しずつ筋力をつけることが大事です。

 

 

 

 

<足の屈伸運動を姿勢よくやるには>

 

足の屈伸運動は足の筋肉に負荷をかけるもので、

まっすぐ腰を落とします。

 

IMG_1627IMG_1629

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが足の筋力が弱い方がいきなり屈伸運動をすると

腰を落とせずに猫背になっていることが多いです。

 

 

IMG_1627 IMG_1628

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう場合は無理に腰を低くせず、

姿勢をまっすぐにしてゆっくり行う方が効果的です。

 

 

姿勢をまっすぐにするには、

胸の骨に手をあてて”まっすぐ”を意識するようにする

上手にできるようになります。

 

 

IMG_1630

IMG_1631

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めは腰の位置が高くても

毎日やっているうちに脚力がついて

腰を低く落とせるようになります。

 

 

 

 

動画はこちらの画像をクリックしてください。

タイトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな運動でもやり方が正しくないと

効果も十分にでません。

 

 

でも、せっかく運動をされるのですから

効果を十分に出したいですよね!

 

 

当院では太極拳を応用したセルフケア体操の指導もしております。

なにかございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

「日本初の太極拳整体

 立身堂整骨院

 東京 平和島にオープン」

アクセスはこちらをクリックしてください。

サイトからご予約もできます。

 

また、お問い合わせはこちらからも受け付けております。

 

 

℡:03-6459-6720

e-mail:risshindo@aurora.ocn.ne.jp

 

 

最後までお読みいただき、有難うございました。